雑食オタク三十路☆マヂカ

アニメやゲームの感想やプレイ状況を雑多に投稿します。

【思い出】アルカナハート

【タイトル 】アルカナハート
【ハード  】アーケード/PS2
【稼動日  】2006/12/22
【ジャンル 】2D対戦格闘
【プレイ状況】ゲーセンで野良対戦する程度


●キャラクターは全員女の子

 操作キャラクターが全て女性というありそうでなかった(※1)2D対戦格闘ゲーム。体操服、スク水、セーラー服、ブレザー、チャイナ、メイドetc……と各キャラクター非常にわかり易い見た目をしている。

 

 対戦格闘ゲームとしての出来も良く、今回記事とするのは1作目だが2014年にリリースされた『アルカナハート3 LOVE MAX SIX STARS!!!!!!』が現時点の最新作となっている。

 


●本作を代表するシステム「アルカナセレクト」と「ホーミング」

 操作は4ボタン+レバー。このゲームを象徴するゲームシステムが「アルカナセレクト」と「ホーミング」である。

 

 「アルカナセレクト」は操作キャラクターとは別にアルカナという聖霊を選択することができ、選択したアルカナに対応するアルカナアクションを使用することができます。コマンド入力で出す飛び道具だったり、ダッシュに特殊な効果が付与されたりと効果は様々。無敵技があり純粋に火力向上が期待できる「火」、ダッシュに相殺判定が付いたり飛び道具が固めに使いやすい「雷」、固めが凶悪な「闇」辺りが人気だったと記憶している。

 

 「ホーミング」は固有のゲージを消費して相手に向かって接近することができるシステム。ほとんどの行動をキャンセルして出すことができ、レバー入れで進行方向をある程度調整できるが最終的には相手に向かっていく。主に連続技の繋ぎに使用したり、ガードキャンセルで切り返し、崩しと様々な用途に使うことができる。

 

 この2つのシステムですが1作目では同じボタンを使用していたため「アルカナアクションで連続技を締めようとしたらホーミングが暴発」といったことが多発していた。自分も苦しめられたものです。流石に不評だったのか2作目以降はボタンが1つ増え、それぞれ別のボタンが割当てられています。

 


●いっくよー!!いっくよー!!いっくよー!!いっくy(ry

 このゲームは稼動直後から遊んでいたこともあり「ジョインジョイントキィ(※2)」やら「ガードした方が不利になる無敵技(※3)」等、色々と苦い思い出があるのだがそれらの中でも一際印象に残っているのが「カカトループ」である。

 

 リリカというローラーブレード(とスパッツ)が特徴的な悪魔っ子キャラがいるのですが、「いっくよー!!」の掛け声と共に前方に飛びながらカカト落としをする技……「ヒールカッター」を画面端で凄まじい回数ループさせる連続技「カカトループ」が当時色んな意味で猛威を振るっていた。

 食らった側は20秒くらいひたすら受身のためのボタン連打を強いられるというそれはもう酷い状況だった。3割位減った後は補正でほとんどダメージが入らなくなるため死ぬことすら許されない。

 初期バージョンが過疎気味だった原因の1つだったのでは無いかと思う。ループコンボ自体はリーゼや舞織等、他のキャラも持っていたが、リリカはそれ以外の部分も優秀だったので特に悪目立ちしてしまった印象。

 「カカトループ」自体はリリースから約四ヵ月後に行われた『アルカナハートFULL』へのバージョンアップでループできる回数が減少し鳴りを潜めたが、このバージョンアップ自体も闘劇(※4)予選期間の真っ只中に行われたため予選店舗によってバージョンが違うというプレイヤー泣かせな事態が発生していた。

 


●マイキャラは眼鏡っ子

 因みに自分の使用キャラは頼子、アルカナは「愛」をメインに使っていました。

 

 頼子は通常技のリーチが長く、無敵技や突進技が優秀。飛び道具で五亡星を描くと一定時間強化という使っていて楽しい性能だった。使用率が低めなのであまり対策されていなかったのも良い。

 

 「愛」のアルカナは頼子の各種必殺技からのダメージが底上げできる他、飛び道具ガードさせてから最大貯め打上げ⇒空ガ不可のアルカナブレイズでガードの上から大ダメージを取れる連携がとにかく強かった。稼動してしばらくしたら連携自体が中々通らなったけど稼動初期~中期位はそこそこ勝つことができたのだ。

 

 ちなみに俺自身は眼鏡っ子が好きということはなく、キャラの好みでいえばそれこそメイファン(※5)辺りだったがイマイチ使いにくく頼子にキャラ変えとなった。

 思えば2ではドロシ(※6)ー→エルザ(※7)、3ではシャルラッハロート(※8)→えこ(※9)と見た目で選んだキャラが合わずにキャラ変えというのを毎作繰り返している。俺に厳しいゲームである。

 


●奇抜なコンセプトではあるものの……

 色々書きましたが格ゲーの中ではかなり好きなゲーム。登場キャラが全て女性であることが特徴的ですが格闘ゲームとしての出来は良く、最新作は2017年時点でも未だに秋葉原のゲーセンで対戦が起きているのを目にする。

 

 ただ、シリーズが長い格ゲーの宿命なのですがシステム周りで覚えることが多く初心者には少し薦めにくい印象。最近の格ゲーって大体そうだけど。

 

 今回の記事はこの辺で。
 余談ですがスカートの中、パンツは絶対見えません。


※1:実は『アルカナハート』よりも前、1996年に稼動していた『闘姫伝承 ANGEL EYES』も登場キャラが全て女性だったりする。

※2:元々は北斗の拳で猛威を振るっていたキャラ「トキ」をキャラセレクト画面で選択する様を指すスラング。稼動初期に猛威を振るったキャラ「朱鷺宮神依(ときのみやかむい)」が名前に「トキ」を含んでいたためそのまま同じような意味で使われた。妙に強い当身技持ち、移動技持ち、相手を切り抜ける超必殺技がある等、実はキャラ性能面でも共通点が多い。

※3:廿楽冴姫のサマーソルトキックを連続で繰り出す超必殺技「リア・ファイル」。長い無敵時間がありガードしてもホーミングでキャンセルすると冴姫側が有利という恐ろしい技。スカせば反撃できないことは無いのだが、動作中やたら前進するためバクステや後ろホーミングでスカすのは困難だった。

※4:アーケードゲーム雑誌「アルカディア」主催の格闘ゲームの全国大会。予選は全国各地のゲーセンで行われた。

※5:中華ハイレグロボ娘

※6:半ズボンマジシャンショタ系娘。

※7:サーボーグ009みたいな人。イケメン。

※8:ヤンデレツインテール。作中屈指の布面積の少なさ。

※9:3歳のようじょ。お供がイケメン。